紅塵紅塵、心の蝴蝶夫人暗を越え、心の闇を越えて

Pはいつ、命の夜、月、星はないといっても、そのとき、命のある夜、星はない.気にするな、夜明けが来る、また一日のうららかな日だ.このような時、気持ちが無辺の砂漠、寂しい荒涼、気にかけないで、静かに1種のだだっぴろいを享受して、美しい繊月泉の泉を発見することができます.

漂っ蓬山浪谷、人生、下流に逆流.長い長い、でこぼこ凸凹て.いつも、いつか、何かに落ちていると思うと、いつか別れの痛みがある、いつか満たされない欲望、いつも殘念追いかけて……人生には円満に、弘一法師はじかみの食い合わせ”の4つの字、ずばり玄妙な道理.人の一生、1つのシーンはすべて現場で生放送して、リハがなくて、ロードショー、リプレイがなくて、リプレイことができません.ストーリーは入り組み、結局は予想できない、遺憾にすることができない.人は、そのためには、いつもとは、休止の苦しみの中で、永遠に.

ない雪のように寒い、春陽のぬくもり、風雨の迷い、虹の美しい.死の悲しみはない、生の楽しみ、失敗の涙は、成功の喜び、喜び、悲しみ、またどのように出会いの喜びを体験することができます……辛酸苦楽を割生命交響楽素晴らしい美文.喜怒哀楽、命の彩りの絵を描き.

「置いては幸せだというのは」.まるで窓から日差しが、暗を照らす.心が開豁になる.はい,蝴蝶夫人、いつ時間が流れに身を抜け出して、黒い髪成雪、歳月に登って仕上げの額は,生命の楽章が完成に近づいており、人生が晩年に入った.堪破すべて繁華は結局は目を通す雲と煙は、すべての欲は昨日キク、すべての恩讐の情の仇はとっくに風が散らし.生命褪せ尽くした派手な色、還元素洁の顔.そして初めて諦観、生命は不可逆の過程は,虚無の中で、塵に復帰.夢、夢は目が覚めて、生命を打ち出し、すべては灰燼に帰す.この命は、このお彼岸から彼岸まで、いつまでも下に置いていたと思うものが、どうしてもおろしざるを得なかった.時の果てしない曠野の中、生命はただ慌ただしい旅人.秋月春风見つけたり、非成否を振り返る暇.靑山は靑山、何度夕焼け赤.

痛くて泣かないで、微笑みで微笑んでみようと」.挫折と疲れで胸を張って、無力と隠忍に強く、憂いや悩みをぬきにして、気持ちに泊春の肩に.自然は最良の生活法則.無意味な悩みから歩いて、幸せは後ろの影のように、太陽に向かって歩いて、それはずっとあなたの後ろについて.

風雨がよくない時に到着して、しかし、花が咲く時、いつも通りに盛り付け、潮が上がる時、いつも澎湃.も曾山重水複疑道がない限り、前行の足どりを停止しないと、きっと守が見えて開ける.ことわざは言います:無限風光険峰.苦労をしても、絵の絵のような風景、一望に収めることができる.

過去の心はいけない、未来の心はいけない、ただ、ただ、ただ、心にはならない