蝴蝶夫人がもたらす副作用

蝴蝶夫人は無色無味の女性専用飲むタイプの媚薬です。ジュース、アルコール類によく溶けて、飲みやすいのが特徴で、飲む後に大体30分、腟内は敏感になって、心臓鼓動が急速に加速します。腟内は痒くなって、心臓鼓動が急速に 加速します。膣内が狭くなって、分泌物がおおくなり、セックスを求めるようになります。女性がよりオーガズムに達しやすくするように助ける作用や、もっと強いオーガズムを女性が達しやすくする作用があります。

蝴蝶夫人の成分が天然で、薬草、動物の中で抽出したエキスで作られた漢方媚薬で、副作用がありません。生薬は男性ホルモン剤のような化学合成物質と違い、動植物などからできています。またハーブも、自然の中に育っている植物。当たり前のように料理に使われたり実際に飲食したりしているもので、安心して口にできるものです。

ただし、蝴蝶夫人には血行を促進する成分また、中枢神経を刺戟するカフェインなどの成分が配合されているので、心臓に負担がかかってしまう可能性があります。血圧の高い方や肝機能に問題がある女性に使うことは避けてください。成分にもよりますが過剰摂取により作用が強まって体の不調につながる場合があります。用法用量をしっかり守ることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です