夏の晩夏秋には風邪を引いて、11人は薬を飲んで風邪を治すことができない

夏の終わりの秋は風邪の咳、加えて風邪がよく繰り返して発展し、病院に行って本当に無駄に時間を無駄にして、金銭を浪費し、しかも薬の3分毒です!薬を飲んでないと風邪を治療する方法はありますか?小編教えじゅういちの民間療法、風邪の症状緩和、身を食う.夏の終わりの秋の殘暑の時、風邪の高い季節の季節です.みんなも風邪を引いていると信じ、その味は辛いものだ、薬も薬も効果、薬3分毒!では、薬を飲まないで風邪を治療する方法はありますか?答えは肯定的で、次は小さい編について理解することを理解しましょう.一、薬を飲みません風邪の治療法1、洗鼻法は薬を飲んで風邪を治療する方法で治療する方法で中に洗います.人体が冷えて、雨などの要素を誘発で気道繊毛スイング週波数が低く、鼻粘液と吸着のウイルス、細菌やカビなどに滯在する時間を大いに鼻腔の成長で、それによって風邪のウイルスが大量繁殖し人体に侵入し、なって風邪を引く.したがって、風邪の時繰り返し塩水を洗い流して鼻鼻の中にウィルス溶出を防ぐために、ウイルスは、鼻の中に大量繁殖して人体に侵入する.2日4日間で風邪を引き風邪、副作用は無副作用.に、毎日揉み手薬を飲まない治療の風邪の方法の中で、皆さんも毎日手法を選択することができない.手で親指付け根(医学上と魚際)の筋肉が豊富で、手のひら広げた時、明らかに突起が手のひらの大きい面積.大きな魚際と関係が深い呼吸器官.毎日揉むて、風邪を引きやすい体質に対して大きな利益があることを改善します.その方法は:両手をこすって大魚際まで熱まで.ピーナッツの皮の皮をこするようにして、ピーナツの皮のように.片手で固定し、もう一方の手の大きい魚際、両手で交互に.二つの大きな魚際には逆方向に約2分をこすって、になると、全体の手のひらが発熱.これで血液循環を促進し、体の新陳代謝を強化し、体の新陳代謝を強め、風邪を引きにくくなります.二、風邪薬を飲まない愈しの療法いち、冲服ハチミツ冲服蜂蜜も風邪薬を飲まない治療の方法.保健の専門家によると、蜂蜜の中で様々な生物活性物質を含んで、人体の免疫の機能を、毎日朝晩二回冲服、有効な治療と予防や他のウイルス性疾患.2、多く食のだいこんの食事療法は薬を飲んで風邪を治療する良い方法を治療するのです.食健康専門家の紹介で、大根には大根の素が予防、治療には独特な作用があると紹介しているという.具体的なやり方:甘い汁のジューシーの大根をみじん切り、汁.生姜をつぶし、絞り出す少量ジンジャー、加入大根汁の中に、そして砂糖や蜂蜜を加えて混ぜ、突入湯が飲み物飲んで、1日3回、服の2日間、解熱、解毒、取り除く寒、風邪予防.さん、ネギ根浜納豆粥食材:ネギの根を5本、浜納豆10 – 20粒の米をいち方法:いち、ネギ、切り捨てるネギの葉を根を殘して、洗浄はみじん切り、浜納豆洗浄;米米をとぐ洗浄;に、鍋に倒れて水を入れ、浜納豆、米、強火で煮て弱火にして、煮て~粥状に入れ、ネギ、ご分煮て、冷却インスタント.一般的な人は、ネギも食べても、胃腸病にかかっている人は多く食べない人は多い.よんしよ、赤ピーマンとナス炒め食材:ナスいち、尖.