毎日何を食べて健康蝴蝶夫人無色無味の女性催情液を食べますか

朝食:一日の計は晨にある.朝食の重要性は、脳の活力を目覚め、一日のストレス生活を元気に迎えてきます.メニュー例:いち.新鮮ミルクいちコップ+全粒粉パンいち+ハム片たまご炒め(いち根ハムと卵炒めいち+きゅうり(いち本)に.ぜんざい(いちお)+西芹豆(ひゃくグラム)栄養コメント:粗粒穀物ゆたかでB族のビタミンを持って、保障脳供血の作用、大豆、卵黄内に含まれるリン脂質、知力の発展に役立つ;小豆で賴氨酸とビタミンBの含有量は、豆の中で首位、野菜の中のビタミンを脳細胞の蛋白質の機能、西芹のくわえた揮発油を刺激して人の全体の神経係を促進し、脳細胞興奮を奮い立たせる人の霊感と革新意識;脂肪は人体の細胞の基本構成成分、もし脂肪の不足を引き起こし、脳は退化するので、朝食にもいくらかの肉類、乳の種類は豊富なカルシウム、燐、鉄、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB族など、伝統の健やかな脳食品、保守脳の正常機能.昼:通常午前は頭脳労働の高度の集中する時間帯、思考活動の過程を強化し、細胞内の物質と神経伝達物質の消費が増え、新陳代謝も加速し、脳は、様々な栄養素需要の増大.そのため、ランチは良質のたんぱく質、飽和脂肪酸、フォスファチド、ビタミンB、ビタミンB、ビタミンC及び鉄などの栄養素の供給量を増加するという.メニュー例:いち.煮海老(ひゃくグラム)+しいたけサイシン(ごじゅうグラム)+のり湯豆腐(いちお+ご飯(いちお)に.ニンジンビーフシチュー(ひゃくグラム)+炒めるエンドウ豆苗(ごじゅうグラム)+花巻(いち~に)コメント:牛肉、栄養豆腐は蛋白質の豊かな食品が豊富に含まれているので,海老の脂肪酸、脳のエネルギーを提供し、長時間キープして集中する;ニンジンが脳の新陳代謝を加速し,記憶力を高める作用;のりヨウ素が豊富で、ストレスを緩和することができて、精神状態が改善し、菌のキノコに体内のごみ、保証脳にエール十分.夕食:一日の苦労の後、夕食は安心するドーパミン神になります、脳の状態を調整し、人体のためにできるだけ早くリラックス、休ま、順調に夢路に入ります.メニュー例:いち.溜刺身(ごじゅうグラム)+にんにく風味ブロッコリー(ひゃくグラム)+アワ粥(いちお)や饅頭(いち/につ)に.魚肝先(ごじゅうグラム)+細切り炒めレタス(ごじゅうグラム)+蓮子白木耳スープ(いちお+ご飯(いち/にワンコ)栄養コメント:動物の肝臓の豊富なレシチン、魚介類や深海魚、DHAを含む/ EPAは、脳細胞の正常機能は維持できて.長期が緊張で脳の状態で、2人の血気を虚ので、内臓を強くする益の息の食べ物を食べて、アワ、蓮子,蝴蝶夫人無色無味の女性催情液、補血精神修養する、助け脳息抜き.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です